志粋明興 -粋な志を抱き世の中を明るくすることを興す-

menu

KOMUROchannel

【非公式】NewsPicksピッカーの集い 京都紅葉の宴2017 まとめ

紅葉名所観光

12時に集合して南禅寺、ついで永観堂禅林寺に訪問、その後20分間ほど歩いて青蓮院門跡に行きました。
今年は直前の1週間、かなり寒かったためか、しっかり紅くなっていて綺麗でした。
参加者が30名以上いたので、特に混む永観堂禅林寺では団体客用入口から入れました。
待ち時間をあまりかけずに見られて良かったです。

 

宴席

公式のオフ会レポートはこちらです。(記事制作:木村沙那ダイアナさん)
 
前編:https://newspicks.com/news/2668868?

後編:https://newspicks.com/news/2679531?

当日の内容のまとめはこちら。

①牧野正幸さん

 

②ムーギー キムさん・佐山展生さん その1

 

③ムーギー キムさん・佐山展生さん その2

制作したのは山本彩代さん。

京都にあるNPO法人 場とつながりラボhome’s viのメンバーの一人で、人と人との思いや考えをまとめる、つなげる専門家。ファシリテーショングラフィック(打ち合わせの内容を模造紙などで視覚的にまどめること)でNewsPicksで有名な方々が集まるような場にも招待され、打ち合わせ内容をその場で模造紙にまとめる経験豊富。私自身は月2回の読書会でお世話になっています。

本来なら宴席のステージすぐそばで模造紙を広げて書いてもらいたかったところですが、会場が広かったので方針変更ということで当日はノートに下書き、後日清書して公表することにしました。是非ご覧下さい。

せっかくなので、上に表示してあるものと同じ内容をPDFファイルにして手元で印刷しやすいようにしました。是非お手元でご覧下さい。

①牧野正幸さん

②ムーギー キムさん・佐山展生さん その1

②ムーギー キムさん・佐山展生さん その2

 

振り返って

毎年開催で今回3回目。よく3回も開催できたなと思います。とはいえ、もっと前から公募でのオフ会はありました。

関西でオフ会というと最初に開催されたのは2014年7月。主催は木村沙那ダイアナさん。この頃から集まっていたのですね。この時も佐山展生さんが参加されていたとのこと。
https://newspicks.com/news/534687?

その後、2015年5月に私が主催。12名でのアットホームな会でした。私の中では沢山来ていただいたなと思ったものでした。
https://newspicks.com/news/985142?

この半年後、運営の方に相談し、より多くの方が集まって語り合う場を作ってみてはどうかと話し、企画したのが第1回の紅葉の宴。
前編:https://newspicks.com/news/1274297?
後編:https://newspicks.com/news/1275347?
(記事制作:木村沙那ダイアナさん)

佐山展生さんあっての場でしたね。よくお越しいただけたものです。
30名分の部屋を当初予約したら80名近く申し込んで頂いて会場の変更に泡喰った、普段使うPCを会場に持ち込んだのですが、緊張のあまり、画面にログインするパスワードが頭から飛んでしまい、アワワワワ…となっていた、参加者一覧を印刷したものの、受付を用意しなかっったので有志の方に急遽お願いしたとか、よくまあ運営できたものでした。
今まで画面越しでしか触れ合えなかった方々と一斉にお会いできたのがとても新鮮でした。

その後、私自身、様々なピッカーさんの紹介記事を書くようになりました。最初は第1回の紅葉の宴に参加して頂いたお二人がきっかけ。
徐東輝さん:https://newspicks.com/news/1337698? (全3回)
奥田絵美さん:https://newspicks.com/news/1372930? (全2回)

そして私の中で紹介したいなと思える方々が何名も現れ、小宮山利恵子さんにもお会いし記事にしました。
第1回記事: https://newspicks.com/news/1494546? (全3回)

しばらくたち、あの場をもう一度との声をいろいろな方からいただき、どうしようかなと思っていました。という時期に開催したのがこちら。
甲子園オフ会: https://newspicks.com/news/1616494?
この場で佐山展生さん、小宮山利恵子さんのお二人を強く押し出した会を開催できたらいいなと思い、開催しました。
場を組み立てるにあたり、MINOWA MAKOTOさんの協力を仰ぎ、関西在住者10名近くのメンバーに協力して頂けるようになりました。

第2回
前編:https://newspicks.com/news/1907135?
後編:https://newspicks.com/news/1909339?
動画編:https://newspicks.com/news/1918495?

大いに盛り上がって良かった一方、気づいたのが、もはや一方的に何かを送り届けるのではなく、参加者同士が仲良くなることが本当の価値だな、ということです。

第3回の構成を考える中で、最初は私が宴席の司会を全部仕切ることを考えましたが、早々に変更。壇上には様々なピッカーがスポットライトを浴びるようにしました。もはや一人で仕切る必要はないと。実際、私が司会をしたのは最初と最後だけであとは壇上に立つメンバーがリレーしていくという進め方。私一人が頑張らなくても物事は進んでいく。様子を見ていると、一人ひとりが晴れの舞台でのびのびと表現していましたよね。進化を実感しました。(時間が延び延びになって会の最後の方では相当焦りましたが…)
そして宴席の段取りは1年前にお世話になったMINOWA MAKOTOさんに全面的にお願いすることにしました。協力していただける方は首都圏在住者も加わり、20名近くにまで増えました。

振り返ると、私が宴席の表題として掲げてきたキャッチフレーズがようやく実現してきたのだなと感じます。

一人ひとりを主人公に
一人ひとりのつながりを喜びに

2018年、どうするかはまだ白紙です。
もし開催できるなら、二つ大切にしたいと思っていることがあります。
一つはキャッチフレーズで掲げていることをそのとおり表現できる場にすること。
より多くの方が「主人公である」「よりつながる」を感じていただけるようにしたい。

もう一つ、NewsPicksは世の中の最新動向を知り、今後の参考になるようでありたい、そしてコメントで表現したいという場だと私は考えています。
知りたいというニーズ、今後のためになるといいなという思い、そして発信したいという思い、これらをより満たせる場にしたいと考えています。
1年経過するたびにNewsPicksをめぐる環境は大いに変わっていくことだろうと思いますが、場のニーズを汲み取り、場づくりをしていこうと思います。

そして会を重ねるたびに場づくりに協力して頂ける方が増えていっています。本当にありがたいことです。
多くの方々の理解あっての場です。
こうした盛り上がりを大切にしていこうと思います。

Pocket
LINEで送る

関連記事

過去の投稿

プロフィール

小室

小室 勝裕
1972年生まれ。京都市在住。
10年来、購買業務のうち間接材の取引見直しによるコスト削減を様々な立場で経験。コンサルテイング会社勤務時代には事業を西日本に拡大するに当たっての現場の最前線を背負う。事業企画、経営企画、そして内閣府に出向して国の制度改革にも貢献した後、製薬会社に転職、現在に至る。
週末は二児の父として子供と外出する日々。

Facebookでフォロー

カテゴリー